家族葬の流れ 失敗しない家族葬の基礎知識

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

家族葬とは

 

家族葬は近親者など、ごく近しい人だけで行う葬儀のこと。

 

15年ほど前から都市部を中心に広がっています。現在、都市部では5割、全国的にも3割ほどが家族葬を選んでいます。

 

一般の葬儀が小さくなっただけで、葬儀の流れは変わりません。だいたい10人から20人程度の規模を指します。小さなお葬式と言っていいでしょう。

 

 

 

近年、小さなお葬式が注目、支持される理由は3つあります。

 

・葬式に費用をかけたくない利用者が増えた
・見送る側、見送られる側の高齢化による負担が増えた
・参列者の減少

 

日本消費者協会により、2014年におこなわれた「葬儀についてのアンケート調査」。以下が「自分自身の望ましい葬儀のかたち」の回答です。

 

・費用をかけないで(59.1%)
・家族だけで送ってほしい(51.1%)

 

と半数以上が、お金をかけず、家族だけの落ち着いた葬儀を望んでいます。

 

また長寿社会になり、故人が90歳、100歳代ということも珍しくなくなりました。故人の知人や友人はすでに旅立っているか、寝たきりなどで呼んでも参列できない場合が増えています。

 

さらに見送る立場である喪主側も高齢化し、会社関係の参列者もほとんどなくなっています。結果、参列者が減少しています。

 

そもそも本来の通夜は、身内が故人を守りながら過ごす大切な時間でした。ところが仕事の都合などで、夜に行われる通夜には会葬者が多く参加します。そのため遺族は会葬者への対応に追われ、身内で故人を守って過ごすことができなくなりました。

 

そこで葬儀の原点に戻り、故人を身内だけで温かく見守る小さなお葬式への支持が増えています。

 

 

 

このサイトでは、メリットも多い半面、デメリットもある新しい葬儀をわかりやすく説明し、こんなはずではなかった・・という後悔をしないための方法もお教えします。

 

>>家族葬とは


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら