家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

家族葬とは

 

 

家族葬とは、身内だけで故人を見送る葬式です。

 

「同居している家族、故人の親・兄弟・姉妹・子・孫」くらいで行います。

 

参加する人数が少なく、費用も一般のお葬式よりも抑えられるため、「小さなお葬式」といえます。

 

この式を選ぶ人の意図は

 

・参列者への挨拶などの対応に追われることなく、故人とゆっくり別れを惜しむ時間を取りたい
・香典の受け取り、名前、金額などの記帳、香典返しの手配など、できるだけ煩わしい事は避けたい
・故人と面識が無いのに、たまたま同じ職場にいるなど、義理で来る人に仕事を休ませるなど迷惑をかけたくない

 

があります。

 

じっさい、参列者で故人を知っている人は3割、顔も知らない人が7割ともいわれています。

 

家族葬は、この7割のしがらみや義理で参列してくださる方々を呼ばず、本当に故人を知っている人のみ3割で行います。

 

そのために意識しておきたいことは

 

・本当に故人の死を悲しみ、その想いを共有できる人だけで送る(呼ぶ)
・ほかの誰でもない「故人が主役」のお葬式にする
・しがらみにとらわれない。流れ作業で慌ただしく進むお葬式でなく、故人が喜び、遺族が「こうしてあげればよかった」と後悔しないものにする

 

です。

 

この小さなお葬式には、一般の参列者がいません。だからこそ、故人を本当に知っている、心から悲しんでくれる人だけで、ゆっくりと、ゆったりと行えます。

 

故人が好きだったお花を飾ったり、棺に消しゴムで作った麻雀牌を入れたりできる「故人らしさ」が現れた葬式も可能です。

 

費用や規模ではなく、故人の意思を尊重し、遺族が別れの時間を大切にできる「小さなお葬式」は、本当に故人と家族のためのお葬式なのです。

 

>>家族葬の流れ

 


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら