家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

危篤の電話連絡のしかた

 

■危篤の電話連絡のしかた■

 

家族葬で「危篤の連絡をする」ことは、葬儀のさいに参列してほしいという依頼も意味しています。

 

親族でも、日ごろ行き来していない人には、危篤の連絡は控えましょう。

 

【会いたがっていた人には意識のあるうちに連絡を】

 

本人が会いたがっていた人には、会話ができる状態のときに会ってもらいましょう。そうすれば、危篤時の連絡を省略しても悔いが残りません。

 

 

 

【連絡する人のリストを作成しておきましょう】

 

一般に危篤の連絡をするのは、本人の二親等(親・子・兄弟姉妹・祖父母・孫)から三親等(おじ・おば・おい・めい・ひ孫)くらいまでの血族です。

 

疎遠になっていても、両親・兄弟・子供には必ず連絡します。いざという時にあわてないためにも、エンディングノートに「危篤時に連絡する人」「連絡先」を書いておきます。

 

【危篤の電話連絡のしかた】

 

危篤の連絡には電話が適しています。緊急事態なので、早朝や深夜でも失礼にはなりません。

 

「早朝から申しわけありません」「夜分申しわけありません」と、一言わびてから要件を切り出しましょう。

 

・自分の名を名乗る

 

親戚には挨拶などの前置きは省き、自分の名を名乗る。病人の知人・友人には「○○(病人の氏名)の長男の□□です」と述べる。

 

・危篤であることを知らせる

 

危篤であることを伝えます。本人が会いたがっていたことを伝え「ひと目会っていただけますでしょうか」と、場合によっては会ってやってほしいことを添えます。

 

・病院の場所を伝える

 

本人のいる病院名、病室などを伝えます。なお、相手に来てもらえるかどうか確認はしません。あくまでも相手の意思に任せます。

 

・あなたの連絡先も伝える

 

相手が迷った場合に連絡できるよう、携帯電話の番号などを忘れずに知らせておきます。

 

>>尊厳死、臓器提供、献体とは


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら