家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

葬祭ディレクターとは

 

家族葬は、一般葬儀と違い準備が大切なお葬式です。

 

本人や家族の意思をはっきりしておくこと、お呼びする・お呼びしない人のリストを作成しておくこと、式場選び、安置先などは従来の葬儀と違い、「なんとかなるさ」とはいきません。

 

とくに納得いく葬儀社を決めておくことが重要です。事前の話し合いができていれば、故人や家族が考えていた通り、式を滞りなく進めることができるのです。

 

 

 

【葬祭ディレクター】

 

葬祭ディレクターとは、お葬式を組み立てていく人を指します。この制度は、1996年から始まりました。

 

葬祭ディレクターは、葬祭業界で働く人にとって必要な知識と技術を証明する、厚生労働省認定の民間資格(準国家資格)です。ただし、葬祭業者に義務づけられた資格ではありません。

 

資格には一級と二級があり、一級はすべての葬儀における受注から会場設営、式典の運営にいたるまでの詳細な知識と技能をもっています。具体的にいえば、一級は社葬までできます。

 

二級は、個人葬における受注から会場の設営、式典運営にいたるまでの一般的な知識と技術をもちます。二級は個人葬までできます。

 

受験資格は、二級で二年以上の実務経験が必要です。

 

この資格をもっている人がいる葬儀社は、少なくとも組合に加盟し、実務経験もあり、いちおう能力があるということがわかります。

 

ただし、資格をもっていなくても誠実な業者はいます。目安として考えましょう。

 

>>よい葬儀社とは


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら