家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

良い葬儀社を選ぶポイント

 

【いい葬儀社とは】

 

基本は、家族葬になれていること。

 

葬儀社に葬祭ディレクターがいるか、いないかも判断材料のひとつになります。

 

もっとも信頼できるのは口コミです。地元で評判のいい業者、身近な人が利用してよかったという業者は、まず間違いがありません。小さくても、地域密着型。長く続けているところは安心できます。

 

 

 

【葬儀社をみつけるルート】

 

・病院や警察の紹介

 

病院や警察には出入りを許可された指定の葬儀社があります。信用はありますが、人員の配置や設備など、指定業者は様々な経費がかかっています。そのため、遺族から高額な注文を取ろうとしがちです。

 

もちろん、指定業者すべてが悪質とはいいません。搬送時に葬儀までの契約をせず、見積もりをみてから決めましょう。

 

やはり、事前に葬儀社を決めておくのが一番です。

 

・インターネットの見積もりを利用する

 

葬儀レビなら、全国の葬儀社から最大10者まで一括して、無料で見積もりを受けられます。返答のあった葬儀社とのやりとりは、メールだけでなく、電話で直接話をして対応を確認しましょう。

 

 

 

【明細のはっきりした見積書を出してくれる】

 

事前に明細のはっきりした見積書を出してくれます。それ以外に要りそうな費用についても詳しく説明してくれる。

 

セット料金の細かい内容も詳しく説明する。

 

いきなり提案せず、客の希望をまずよく聞いたうえで、希望に沿った提案をする。

 

安い葬儀を希望しても、丁寧に対応してくれる。たとえば、葬儀社が運営する葬儀場でなく、自宅で葬儀をやりたいと言うと反対したり、冷たい態度をとるなら注意が必要。また、家族葬を理由もなく「故人がそれでは浮かばれない」と、一般葬に変えさせようとする業者もいます。

 

契約をとにかくせかす。押しつけてくる。

 

わかりやすい、みやすいパンフレットを用意してある。

 

店舗をもって、その地域で長年営業している。

 

支払期日に余裕がある。

 

 

 

【葬儀社選びの重要なポイント】

 

葬祭ディレクターでなくとも、最初から最後まで同じスタッフが担当してくれるかどうかは、葬儀社選びの重要なポイントです。

 

途中で担当者が替わると、打ち合わせの内容など新しい担当者に伝わっていないことも。最初の打ち合わせの時に、相手が最後まで担当してくれるか確認しておきましょう。

 

>>気をつけたい葬儀社の特徴


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら