家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

家族葬の流れ

 

家族葬は、近親者のみでおこなう葬儀です。義理の参列がありません。それ以外は一般の葬儀とほとんど変わりません。

 

人が亡くなればお葬式を挙げます。お葬式をおこなう側の遺族は、通夜を営み、翌日には葬儀と告別式を行い、初七日法要まで一緒におこなってしまうのが、一般のお葬式の流れです。

 

1.臨終
2.葬儀社への連絡
3.遺体の安置
4.葬儀社との打ち合わせ
5.通夜
6.葬儀
7.出棺から火葬
8.お骨上げ
9.初七日法要

 

このような流れになります。

 

こう書くと簡単に見えますが、臨終から病院を退院するまでに

 

危篤の連絡
臨終
末期の水(死に水)をとる
遺体の清拭と衛生処置(エンゼルケア)
病院で死亡した場合は、霊安室に仮安置される
親族などへ死亡の連絡をする(葬儀に参列してほしい人だけに連絡する)
退院手続きをして死亡診断書を受け取る
遺体の搬送を依頼する
主治医や看護師に挨拶する

 

など、遺族の決断や、しなければならないことはたくさんあります。

 

遺族の負担を減らす意味でも、生前からどんな葬儀にしたいかなど、本人や家族で決めておきましょう。

 

 

 

誤解される方が多いのですが、家族葬だから無宗教(自由葬)ではありません。おおくは仏式で行われています。

 

もちろん従来の葬儀のように、仏教や神道、キリスト教などの宗教にのっとって行うことも可能ですし、特定の宗教によらず無宗教でおこなうこともできます。

 

東京都生活文化局の調査によれば、葬儀を「故人とのお別れをするための慣習的なもの」と考えている人が圧倒的に多数です。逆に「故人の冥福を祈る宗教的なもの」と考える人は少なくなっています。

 

今後は若い人を中心に、宗教にとらわれない新しい葬儀が増えていくでしょう。

 

ただし、お墓が寺院墓地にある場合、無宗教葬を菩提寺(先祖の墓があり、葬礼・仏事を営む寺)に相談・了承を得ずにおこなうと、戒名もいただけず、埋葬が許可されないこともあります。

 

必ず事前に菩提寺に相談し、了承を得なければなりません。

 

>>家族葬と一般葬のちがい


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら