家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

葬儀の種類【1日葬、直葬、ゼロ葬、密葬など】

 

【葬儀の種類】

 

・一般葬

 

通常の葬儀です。現在も主流ながら、高齢化のために参列者数は減少傾向にあります。

 

・ワンデー葬(1日葬)

 

ここ3年ほどのあいだに急速に拡大しています。

 

通夜をせず、初七日の法要まで1日で済ませる葬儀。遺族が忙しく葬儀に何日もかけられない。社会的な付き合いがなく通夜に弔問にくる人がいない。費用をかけたくないことが拡大した理由です。

 

ただし葬儀社の負担が減るわけでもないため、あまり費用は安くはならないことも。

 

・直葬(ちょくそう・じきそう)

 

通夜、告別式などの宗教儀式を一切行わず、直接火葬します。生活苦で葬儀を出す費用がないひと、故人や家族の意思で直葬されることもあります。

 

・ゼロ葬(ぜろ・そう)

 

火葬場から遺骨を引き取らない方法。拒否する火葬場も多いため、どこでもできる方法ではありません。

 

・市民葬

 

1970年代の半ばから広がった方法。住民サービスの一環として、自治体と葬祭業者が契約し、比較的安価。

 

・密葬

 

家族など少人数でおこなう葬儀。後日、本葬あるいはお別れの会、社葬など正式な葬儀をします。

 

・社葬

 

会社が主催する、または遺族と共催する葬儀。会社の幹部がなくなったさいに、故人を偲ぶという目的がある。会社の後継者を葬儀でお披露目する意味もあり。

 

・友人葬

 

僧侶を呼ばず、故人と親しい人で行われる葬儀。

 

・生前葬

 

一般の人が開くことは少ないもの。生きているうちに、お世話になった人に感謝する葬儀。

 

・自然葬、樹木葬

 

樹木を墓石のかわりにするのが樹木葬。自然葬は散骨を指すことが多い。

 

>>仏式


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら