家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

仏式での家族葬の進め方

 

【仏式の流れ】

 

本来、葬儀と告別式は異なるもの。現在は、同じ斎場で葬儀に引き続いて告別式をおこなうことが増えています。

 

葬儀は、故人をこの世からあの世に引き渡し、成仏を祈る儀式です。僧侶による引導と読経が中心。告別式は、故人と親交の合った人たちとの最後のお別れをする儀式。

 

家族葬の場合は、葬儀と告別式を同時におこなうことがほとんどです。

 

 

 

【葬儀の進行】

 

葬儀と告別式を一緒におこなう場合、以下の流れになります。

 

・僧侶入場
・開式の辞
・引導・読経
・弔辞またはお別れのことば
・焼香

 

通常の葬儀では、焼香のあと告別式に移り、一般会葬者の焼香が続きます。家族葬では、ここで式が終了となります。

 

・僧侶退場
・閉式の辞

 

 

 

【司会者は業者に頼みます】

 

けじめをつけるために、少人数でも司会者が必要です。司会者を親族代表が務めることもありますが、通常は葬祭業者が担当します。

 

 

 

【通夜葬と火葬式】

 

通夜だけをおこなって、その後、火葬することを通夜葬と呼びます。故人を自宅、または遺体に一晩付き添うことができる場所へ安置し、家族や親しいひとが集まり過ごします。

 

通夜も葬儀も省略して、火葬だけをおこなうのが火葬式。病院から遺体を火葬場の遺体保管室に搬送。翌日にお別れ会をします。

 

>>神式


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら