家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

神式での家族葬の進め方

 

【神式での進め方】

 

神道では死を不浄なものとしています。そのため神社で葬儀をおこなうことはありません。自宅や斎場に神官を招いて執り行います。

 

通夜のあとに行われる遷霊祭(せんれいさい)は重要。故人は、この儀式がすむと神として祀られます。

 

【神道の儀式、3つの特徴】

 

・手水の儀(ちょうずのぎ)
・二礼二拍手一礼(にれいにはくしゅいちれい)
・玉串奉奠(たまぐしほうてん)

 

手水の儀は、自分の身を清めるもの。手と口をすすぎます。二礼二拍手一礼は、弔事の場合、拍手は音を立てないよう、両手を打つ寸前で止める「しのび手」でします。玉串奉奠は、仏式の焼香にあたるものです。

 

なお神式では、葬儀を葬場祭と呼びます。続いて告別式、出棺祭を行います。最近は葬場祭のなかで出棺祭を省略することが多くなっています。

 

【その他】

 

神式葬送には楽員による、しのび歌奏上など特有の儀式があります。神式の場合、決まりごとが多いため、神官や葬祭業者とよく打ち合わせしましょう。

 

【納棺の儀】

 

神式では、通夜祭(仏式の通夜にあたる)の前に納棺の儀をおこないます。

 

・喪主拝礼
・納棺
・手水の儀
・一同着席
・拝礼
・献饌(けんせん)
・一同拝礼
・撤饌(てっせん)
・一同退出

 

【通夜祭と遷霊祭】

 

一般の通夜祭では、斎主(神官)、斎員(随員)、楽員を招きます。通夜祭に続き、遷霊祭を行います。

 

・手水の儀
・一同着席
・拝礼
・献饌
・祭詞奏上
・しのび歌奏上
・玉串奉奠
・撤饌
・拝礼

 

参列者が着席すると式場の照明が消され、暗闇の中で遷霊祭をおこないます。

 

・一同着席・消灯
・遷霊の詞奏上
・霊璽安置
・点灯・拝礼
・献饌
・遷霊の詞奏上
・玉串奉奠

 

このあと通夜ぶるまいをして終わります。

 

>>キリスト教


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら