家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

キリスト教での家族葬の進め方

 

【キリスト教式での進め方】

 

カトリック(旧教)とプロテスタント(新教)では、死に対する考え方が異なります。そのため、葬儀にも違いがあります。

 

またキリスト教には、通夜にあたる儀式は本来ありません。日本では、通夜式を自宅や教会でおこないます。そして、通夜ぶるまいや精進落としのかわりに、参列者を茶菓(さか)でもてなします。

 

【カトリックの通夜と納棺】

 

戒律が厳しいカトリック。葬儀は故人が所属していた教会で、教会指定の葬祭業者によって行われます。

 

納棺は通夜の前に行う場合、通夜のあとに行う場合にわかれます。神父を自宅などに招き、神父の指示で枕飾りを整え、聖歌斉唱、神父による聖書朗読・説教、献花などをします。

 

【カトリックの葬儀の進め方】

 

・参列者着席
・入堂式
・ことばの典礼
・赦祷式(しゃとうしき)
・神父退場

 

告別式は遺族側(葬祭業者)の進行でおこないます。

 

・聖歌斉唱
・故人の略歴紹介
・告別の祈り
・弔辞・弔電披露
・喪主挨拶
・会葬者の献花
・出棺

 

【プロテスタントの葬儀の進め方】

 

プロテスタントは、儀式よりも故人の信仰を重んじます。葬儀でも格式ばったことはしません。

 

葬儀も教会にかぎらず、自宅や斎場で牧師を招いて行うことがあります。葬祭業者がとくに決まっていないこともあります。

 

・納棺式
・前夜式(通夜にあたる)

 

・葬儀

 

参列者着席
入場
讃美歌斉唱・聖書朗読
牧師による祈祷・故人の略歴紹介・説教・祈祷
讃美歌斉唱

 

このあと告別式に移ります。

 

・弔辞・弔電披露
・讃美歌斉唱
・喪主挨拶
・献花
・出棺

 

【その他】

 

キリスト教では、香典返しの習慣はありません。日本では仏式にならって、死後1カ月ほどしてから記念品を送ります。

 

>>無宗教式とは


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら