家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

無宗教葬(自由葬)とは

 

【無宗教葬(自由葬)とは】

 

葬儀で無宗教とは、宗教を信じないという意味ではありません。仏教、神道、キリスト教など、特定の宗教によらない方式で葬儀することを指します。

 

故人が仏教、神道、キリスト教などを信じているわけでないので、その遺志を尊重します。無宗教式には決まった形式がないので、自分たちで式の流れを決めなければなりません。

 

 

 

【注意すべきポイント】

 

無宗教でおこなう家族中心の葬儀は、葬儀社の経験とセンスで式の状況が変わります。

 

まず遺族がその意思を葬祭業者に、はっきりと伝えることが大切です。式でやりたいこと、故人や遺族の希望、予算などを的確に取り入れてくれる葬儀社に依頼します。そして、最後のお別れを遺族たちの手で作り上げましょう。

 

戒名がつけてもらえない、納骨させてもらえない

 

無宗教葬では、戒名をつけてもらえません。もし菩提寺がある場合は、戒名がないと納骨を許可されないことがあります。かならず事前に菩提寺に相談しましょう。

 

いずれにしても、檀家のほうで勝手に決められることではありません。

 

じっさい、親が亡くなり(菩提寺があることを知らず)菩提寺に知らせず、葬儀社から紹介された寺で葬儀をしてしまった人がいました。納骨を依頼して問題が発覚し、もう一度菩提寺で戒名をつけてもらい、葬儀をやり直したトラブルもあります。

 

本来であれば、葬儀社が念を入れて確認しますが、親と離れて暮らす子供が喪主になった場合、自分の家に菩提寺があることを知らないことも少なくありません。

 

葬儀や納骨時に困らないように、菩提寺のあるひとは日ごろから子供によく説明しておきましょう。

 

>>無宗教式のメリット、デメリット


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら