家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

無宗教式の葬儀の流れ

 

【無宗教式の流れ】

 

無宗教式(自由葬)は、一般的には通夜と告別式を二日でおこなわず、一日でおこなうこと形式が多く。白木の祭壇ではなく、生花祭壇が多くみられます。

 

お葬式の大切なことは、故人と遺族の一人ひとりがしっかりとお別れすることです。

 

 

 

【仏式をアレンジした家族葬】

 

増えている無宗教式ですが、まだ一般的ではありません。そこで仏式を基本とした折衷案が考えられました。

 

これならば、親族の反対や納骨の問題も回避でき、故人らしさも演出できます。ただし、事前に宗教者の了解を得ておきましょう。

 

 

 

【仏式の取り入れ方】

 

取り入れ方は様々です。

 

・通夜は通常の仏式でおこない、告別式を宗教色のない「お別れ会」にする
・通夜、告別式ともに仏式で行い、家族だけの参列にする
・仏式葬儀のあと、献花をおこなったり、仏式の葬儀の前後に、故人の好きだった曲の生演奏を流す

 

ただし、仏式部分と自由葬の部分が、あまりかけ離れていると、参列者が違和感をおぼえます。葬祭業者とアレンジのしかたは打ち合わせを十分します。

 

 

 

【献花には故人の好きだった花を】

 

献花には白菊をもちいるのが一般的です。無宗教式では、菊を使うことはあまりなく、バラ、ラン、カーネーションなど、故人の好きだった花をささげます。

 

 

 

【式次第の一例】

 

・参列者入場(故人が好きだった音楽などを流して、遺族・親族が入場する)
・開会の辞
・故人の略歴紹介
・追悼の言葉(親しい友人に想い出を語ってもらう。生演奏も会場の許可があれば流す)
・献花(喪主、遺族、親族の順番にする)
・お別れの儀(棺のふたを開け、会葬者が最後のお別れをする。もたせてあげたい品があれば、一緒に納める)
・喪主挨拶(無宗教式の葬儀をおこなった理由、参列へのお礼を述べる)
・閉会の辞
・出棺

 

>>お別れ会とは


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら