家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

家族葬と密葬の違い

 

密葬とは、人数を制限したお葬式です。どこまで知らせるか、どこまで呼ぶかを制限します。

 

本来の意味で、密葬は家族など内々の人たちだけで故人の死を弔うもので、後日、本葬をおこなうことが前提の葬儀です。

 

亡くなった人が会社の社長や有名人だった場合、多くの参列者が葬式に訪れるため、お葬式を準備するための時間が必要になります。そこで、本葬の前に家族や親戚など、身内だけで密葬を行います。

 

密葬での本葬は、葬儀というより告別式にちかいもの。本葬で社会に対しての式典をとりおこないます。そういう意味で家族葬は「本葬がない密葬」ともいえます。

 

 

 

■密葬のメリット、デメリット■

 

【密葬のメリット】

 

返礼品や食事代など葬儀の接待費が抑えられる。
小さな式場で葬儀ができる。
親族だけなら自宅で葬儀もできる。
身内だけで送るので、お別れがゆっくりできる。

 

【密葬のデメリット】

 

お線香をあげたいという人が来る。
故人の親しい人たちに、別れの場を提供できない。
香典を以前渡したひとに、自分のときに辞退したので気遣いをさせた。
親族が世間体を気にする人がいて、嫌な顔をされた。

 

 

 

■密葬の現実とマナー■

 

実際の密葬は「ごく親しい方々のみで費用をかけずにお別れをしたい」といった理解で行われています。

 

したがって密葬ですと言われた場合、本葬があるなしに関わらず、身内でおこなうという意味なので、基本的にお葬式に参列しないようにしましょう。

 

【密葬で、お香典辞退の意味】

 

お香典はいりませんし、もってきても受け取りません、という意味。

 

【密葬で、供花辞退】

 

花も受け取りません、という意味。

 

【式はしません】

 

お通夜や告別式もせず、火葬だけですませる形です。

 

>>参列者の範囲


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら