家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

家族葬のマナー

 

■家族葬のマナー■

 

家族葬は、故人を大切に想い、故人を知る人が温かい気持ちで、ゆったりゆっくりと見送る葬儀です。

 

なので、招かれていない場合は行かないようにしましょう。

 

 

 

■服装■

 

喪服は、故人や宗教者に対して礼を尽くす意味で着用します。たとえ葬儀が小規模であっても、宗教にのっとって行う場合は、喪服を着るのがマナーです。

 

【男性】

 

ブラックスーツ(喪主。黒無地のシングルまたはダブルのスーツ)

 

ワイシャツは白無地
ネクタイは黒。ネクタイピンはつけない
靴はシンプルなデザインの黒

 

喪主以外の遺族が外出先から駆けつける場合などは、略礼装のダークスーツでも可。

 

色は薄い紺や濃いグレーの無地のシングルスーツまたはダブル。ワイシャツは白。靴はシンプルなデザインの黒。

 

【女性】

 

ブラックフォーマルのスーツ、またはワンピース、アンサンブルの洋装(夏は長袖か七部袖)

 

アクセサリーは結婚指輪以外つけないのが正式。真珠、黒曜石、ブラックオニキスの一連のネックレスはつけることができます
ハンカチもフォーマル用の黒または白
バッグは小型の布製で黒地。光沢のないもの
ストッキングも黒
光沢のないシンプルな靴

 

黒無地に染め抜き五つ紋つきの和装

 

半襟は白
帯は袋帯の黒無地
帯揚げは黒の絞りか綸子(りんず)
帯締めは黒の平打ち
バッグは黒の小型のもの。光沢のないもの
足袋は白、ぞうりは黒

 

ごく内輪の葬儀なら服装は自由。派手なものでなく、清潔で控えめなものにします。ただし、親族に慣習にこだわる人がいる場合、喪服を着用しましょう。

 

 

 

■香典■

 

家族葬では、香典を受け取らないことがほとんどです。

 

お知らせに「香典辞退」とあれば、どんな事情があったとしても香典を持っていってはいけません。

 

式場の受付で無理やり香典を渡す姿も見かけますが、受付側もマナーとして絶対に受け取ってはいけません。一時預かりもいけません。

 

 

 

■弔電■

 

とくに弔電を送っても失礼にはあたりません。

 

 

 

■靴にご用心■

 

家族葬にかぎりませんが、注意しておきたいのが何年も履かずにしまっておいた靴。

 

たいてい、かかとがゴムです。経年劣化でゴムが弱くなり、崩れ、あなたが歩いたあとにゴムのカスが点々と落ち、式場の床を黒く汚してしまうことも。

 

気づいても替えの靴はそうそうありません。

 

わたしは数年ぶりに履いた靴の底が式場でとれてしまい、恥ずかしい思いをしたことがあります。一年に一度は靴の手入れをして、状態もチェックしておきましょう。

 

>>一般葬との費用の比較


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら