家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

家族葬の費用

 

【一般的なお葬式の費用】

 

財団法人・日本消費者センターの「葬儀に関するアンケート」によれば、一般の葬儀の総費用は平均199万円でした。だいたい150〜200万円です。

 

内訳は、葬儀一式費用が126万円。通夜からの飲食接待費が45万円、お経料、戒名、お布施など寺院の費用が51万円です(総費用のみの回答者もいるので、総合計と内訳は一致しません)

 

 

 

【家族葬の費用】

 

家族葬をおこなうときの費用は、地域や葬儀の内容、依頼する葬儀社によっても違います。だいたい通常のお葬式の1/3程度で収まります。目安としては、40〜100万円です。

 

内訳の一例としては、葬儀一式42万、その他の費用 8万、飲食接待費 7万。それ以外に、精進揚げの料理が5千から1万円(人数分)かかります。

 

なお、個人によって大きく異なるため、お布施などの寺院費用は、このなかに含まれていません。

 

通夜ぶるまいや精進落としの飲食・接待費用は、葬祭業者にまとめて支払うのが一般的ですが、別になる場合もあります。

 

 

 

■家族葬は、意思と根回しが大切■

 

家族葬は準備が大切な葬式です。本人の意思を明確にし、招く方のリストの整理、式場選びなど、従来の葬儀とちがい「何とかなるさ」というものではありません。

 

そのためには家族葬を実現させるために、実現させるという意思をもちましょう。そのために生前から準備をします。

 

限られた人だけで見送る、見送られる葬儀なので、親戚や知人など周りの方々の理解が必要になります。なかには世間体を気にして、一般葬にするべきなどと反対があるかもしれません。

 

そのために日頃から話し合う、家族葬を考えていることを周りの方々に伝えることが大切です。

 

また納得できる葬儀社を決めておくことも大切な要素です。事前の打ち合わせができていれば、本人や家族が考えていたとおりに、葬儀を進めることができます。

 

>>家族葬のメリットとは


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら