家族葬の費用

【無料】資料請求で遺族の「困った」がなくなります


家族葬こそ事前の準備が必要なお葬式です。
もしもの時に困らないコクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら

家族葬のデメリット【注意する点】

 

家族葬は、費用を抑える、人数を絞ることばかり考えてはいけません。

 

本来ならば、呼ばなければいけない人、大切な人に声をかけ忘れてしまいます。

 

【親族に反感をもたれる】

 

一般的な葬儀を望んでいた親族に反感をもたれることがあります。事前にきちんと説明して、理解していただく必要があります。

 

【親しかったのに参列できない人がいる】

 

人は誰でも、家族、友人、同僚、趣味の仲間など、多くの人と関係をもって生きています。

 

家族以外で、故人と最期のお別れがしたいという方々の思いを汲めません。とくに故人の交友関係が意外に広く、家族がそれを知らずに家族葬にした場合、大変な思いをしたり、後悔することもあります。

 

葬儀を終え、一息ついたと思ったら、親戚や亡くなったことを伝えていなかった人が次々と自宅に弔問に訪れ、その対応に追われます。ほかにも参列を遠慮してもらった人たちから「どうして呼んでくれなかったのか」とクレームが来ることもあります。

 

呼ぶのを忘れがちなのが、故人の兄弟姉妹、故人の子供が結婚しているとその両親です。また家族と面識のない故人の友人・知人に、死亡を知らせることができない場合もあります。

 

【意に反しての大勢の弔問】

 

声をかけていない方々で、家族葬のことをよく知らないひとは「故人にお世話になったから」と判断して、参列してしまうことがあります。

 

【葬儀後、自宅に弔問客がくる】

 

葬儀が終わってから何日も経過しているのに「線香をあげさせてほしい」と自宅に弔問客が来ることも。遺族はいつまでたってもくつろげません。

 

手間はかかりますが、葬儀とは別に呼ばなかった方たちを集めて「お別れ会」を開いてもいいでしょう。

 

【香典が少ないため収入も少ない】

 

もともと参列者を身内などにかぎっているため、香典は少なくなります。あとで「こんなはずでは・・」とならないよう、葬儀社と事前の打ち合わせをしっかりしておきましょう。

 

>>エンディングノートとは


【無料】資料請求で「親族同士のいざこざ」を回避できます


3日以内に無料でお届けします。
もしもの時に「慌てない」。コクヨのエンディングノートをプレゼント!

>>必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式はこちら